田舎町で投資用にアパート建築をした最適なプラン

地元の建設会社と早速打ち合わせ

この土地の形状をフルに活かしてアパート建築を依頼して、10室を設ける設計で最適なプランを建築会社に依頼することができました。
全国から集まる農家の就業者の方々の特徴は、単身者が圧倒的に多い条件があり、この情報に合わせられるように、1部屋の間取りは2Kです。
アパートの前には10台分の駐車場も完備していて、この町で農家の仕事をする方が現地で自動車を購入しても困らない状態にできました。
町内には不動産会社に相当する会社は営業をしておらず、隣接する少し大きな町で営業をする会社に管理を全て任せることになり、入居者の募集においても町と商工会議所でもチラシを作って保管してもらうことと、ホームページでの説明も入れてもらう方法で集客を行えました。
最初は7室程度埋まれば十分と考えていましたが、わずか1年未満の段階で全ての空室が埋まり、全員が当初の目標通りに農家の仕事を希望して遠方から集まった方々です。
家賃額は低いので年間に450万円程度の入金があれば良い方なのですが、この物件を建築した会社は古くからの知人だったこともあり、意外と経費を掛けずに施工をできたことで、住宅ローンも10年払いと短い期間で行いました。

投資用にアパート建築をスタート | 地元の建設会社と早速打ち合わせ | たっぷり不動産収入を得ることができました