田舎町で投資用にアパート建築をした最適なプラン

投資用にアパート建築をスタート

アパート建築アパートの建築費、どれくらいかかる?

田舎町に古い戸建て住宅を所有していましたが、後にあまりに老朽化したことで建物を全て解体工事をした経験があります。
土地価格は全国的に見ても低めで、坪面積は80坪程度であまり広くもありません。
固定資産税の額面もそれほど負担を感じることが無かったので、更地の状態で約10年も放置してきました。
私の自宅からは遠く離れていることから、年に2階程度出向いてみて、草刈りをしたり投棄されるゴミの片付けを行っていた程度です。
この田舎町は農家を営む人と公務員として働く方が圧倒数を占めているのですが、農家は昨今、仕事を引き継ぐ人材がいなくなってしまい、町の公式ホームページで全国各地から農家の仕事をする方を常に集めている状態が現在でも続いています。
ホームページの効果は結構反響が良く、各地から若年層を中心として人が集まっていることは事実です。
以前は各農家さんの自宅の部屋を提供していたものの、住むことができる住宅が少ないという問題を町の知人から聞いたことがきっかけとなり、私の土地にアパート建築を行ったことが始まりです。
80坪の面積の土地は、以前は家屋の横に畑があったので、道路側に対して横長の作りです。

あーだから最近近所の一軒家取り壊しからのアパート建築が増えてるのかもしれんなぁ(完全に独り言

— やまだよしお (@dmrsky) December 13, 2020

投資用にアパート建築をスタート | 地元の建設会社と早速打ち合わせ | たっぷり不動産収入を得ることができました